2011年5月10日火曜日

反日デモ以外のデモもある

中国情報専門誌チャイニーズドラゴンによると、4月20日、上海でトレーラー運転手らが集結し、燃料価格値上げに対するデモを行いました。運転手らは数日前から携帯電話のショートメールなどを通じてデモの参加を呼びかけました。当日は機動隊と衝突し、8人が拘束されるなどしました。他の都市でも上海のデモに呼応した動きがあり、地元政府は運転手から徴収していた一部手数料のなどを引き下げる方針を伝えたようです。

僕自身も中国には反日デモ以外のデモはないのだろうかと気になってたんですが、やっぱりあるんですね。しかもこれは地方政府に対する抗議です。そんなことして彼らは大丈夫なのだろうかと心配になるのですが、衝突し拘束されるという問題はあるものの、政府も運転手らとの話し合いに応じ、一週間後に回答すると約束したそうです。

この記事を読んで、政府に抗議したら、痛い目に遭うという中国のイメージが少し変わりました。今回のように政府にはちゃんと聞く耳をもってほしいもんです。しかも今回のデモは生活に直結する深刻な問題です。運転手は「貨物を運ぶ度に赤字。飯が食えなくなる」と訴えています。このような正当なデモが武力行使ではなく、平和的に解決されることを願うばかりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿