2011年5月11日水曜日

中国でもノーベル平和賞のことを報じていた!

中国の民主活動家・劉暁波さんがノーベル平和賞を受賞したとき、僕は中国にいました。日本では中国国内ではこのニュースを一切報じていないと言われていたと思います。確かにほとんど報道されておらず、ネットで「劉暁波」の名前で検索しても、ページが表示されません。ただし、ゼロではありませんでした。僕は一度中国のテレビで中国外交部・姜瑜さんがノーベル平和賞受賞に関して記者会見を開いている様子を見たことがあります。また中国・新華社のホームページにもノーベル平和賞に関する内容が掲載されています。

このように、中国の外交部・馬朝旭さんが記者会見している様子をホームページで報じています。


ただどちらにしても内容は「劉暁波はけしからん!!」というものです。タイトルには「ノーベル賞委員会が劉氏に平和賞を与えたこと平和賞に対してのは冒涜だ」と書いてあります。かなりインパクトのあるタイトルです。

ただこうやって国内で報道されているだけでもすごいことです。報道されていると言うことは、中国当局が報道してよいと認めたということです。これはかなり画期的なことでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿