2011年3月23日水曜日

『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』

えーと、突然ですが、本を一冊紹介させていただきます。

中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』加藤嘉一著

この方、加藤嘉一さんの名前を聞いたこと見たことはありますでしょうか?もしかしたらあるかもしれません。NEWS23クロスの「掴めチャイナ」のコーナーにも登場していましたし、最近では日本テレビの「池上彰くんに教えたい10のニュース」にも出演されてました(ちなみにこのとき加藤嘉一さんは大量の汗をかいていましたが、どうやら熱があったようです)。週刊ダイヤモンドが中国語を特集した号にも、加藤さん流の中国語の学習方法が掲載されています。日本でもじわじわメディアに登場してきていますが、中国ではものすごく有名な方らしいのです。

いまや「中国で最も有名な日本人」と言われるほど!!

加藤さんは今ジャーナリストとして活躍されていて、テレビのコメンテーターや北京大学で教鞭もとっているそうです。何か日本で大きな問題が起こると、中国のマスコミから取材が殺到するそうです。これだけでも十分すごいのですが、もっとすごいのはその若さ。若干26歳です。僕と4歳しか違いません。なんでこんなにも違うものなのか。

とにかく加藤さんの生きかたには憧れてます。尊敬してます。機会があればぜひ会ってみたい!!

本題に入りまして、この本の良いところなんですが、僕がこのブログで目指している等身大の中国を伝えているところです。本のタイトルととおり、「中国人は本当に日本が嫌いなのか?」や「中国人は何で信号を無視するのか」など日本と比較しながら、書かれており、とてもわかりやすいです。中国に興味のある方なら必読書といっていいでしょう!!

これからも加藤嘉一さんの動向に注目です。

2 件のコメント:

  1. 台湾では有名な日本人の芸能人は、台湾番組で良く出てくるし中国語もできる人、瀬上剛、麻衣、愛紗、松などです。

    返信削除
  2. そうなんだ!!でも誰も知らないXD

    返信削除